首イボ大辞典

首にできる小さいイボはアクロコルドンやスキンタッグ

首イボが取れた女性

 

首にイボがポツポツとできてしまったのを取りたいなんてことはありませんか?

 

しかし、病院で手術をするのも気が引けるし、なんとか自宅で取りたいって人は非常に多いです。
自分で取る方法としては市販薬やクリームなど様々です。

 

この首にできる小さいイボは別名でスキンタッグやアクロコルドンと呼ばれ、紫外線によるダメージの蓄積が原因となっています。
ターンオーバーの周期で剥がれるはずの角質が残ってしまい、固まることによってできる症状となります。

 

年寄りイボと呼ばれることもあり、加齢による肌力の低下や紫外線ダメージの蓄積がたまりやすい40代や50代に発症をする人が多いです。

 

ただ、あくまで原因が蓄積されているだけなので、20代でも首にイボができて悩まされることもあります。

 

首イボ大辞典では自宅と病院の両方に取り方について解説はしていますが、主に自分での市販薬やクリームでの方法を詳しく解説をしています。
どうにか皮膚科の手術ではなく、痛くなくて安く取りたいって人はご覧ください。

 

 

そもそも首イボは角質が原因!ウイルス性のイボではない

 

イボと聞くと足の裏などにできる黒い芯の入ったのをイメージする人は多いです。

 

足の裏にできるのは主にウイルス性のイボとなっており、ウイルスに感染したことによって発症をする病気です。一方、首イボに関してはウイルスとは関係がなく、イボを形成しているのは角質であり、角質粒です。

 

そのため、からだに悪影響を及ぼすようなことはなく、除去をしなくてもなんら害はありません。
ただ、老けて見られたり気になるので除去をする人が多いのですね。

 

市販の首イボクリームランキング!使い比べておすすめのを決定

 

私が実際に使った首イボクリームでおすすめのをランキングで紹介をしています。
価格が安いのや評判などそれぞれの項目で分けて人気のを紹介

 

価格が安くオールインワンクリームが「艶つや習慣」

艶つや習慣の写真

 

価格が安くオールインワンゲルが特徴なのが艶つや習慣です。

 

首イボクリームの中でも初回2,052円と圧倒的に安く、2回目以降も3,283円で購入することができます。

 

本来は化粧水・美容液・乳液・クリームの順番でスキンケアを行っていくのが効果的と言われています。しかし、この全ての化粧品を用意するとお金もかかりますし、そこまできちんと行っている人は少ないです。
艶つや習慣はオールインワンクリームとなっているので、これら全てをひとつで補えるようになっています。

 

そのためか効き目があったと評判も良く、累計で80万個も販売がされています。

 

安いクリームを探していたり、きちんとスキンケアをできていない人におすすめすることができます。

 

 

評判と人気で選ぶ人におすすめが「クリアポロン」

クリアポロンの写真

 

評判も良く2018年に人気があるのがクリアポロンです。
クリアポロンの特徴は美容成分の種類が豊富な点です。

 

イボに効くと言われるヨクイニンとあんずエキス。
高級化粧品にも含まれることの多い、ビタミンC誘導体やプラセンタ。
3種類のコラーゲン・5種類のヒアルロン酸・3種類のセラミド。

 

とにかく美容成分が豊富となっているので、艶つや習慣より価格は少し高くなりますが、コスパが良いと評判が高いです。

 

きちんとスキンケアの順番でケアをしている人であれば、評判と人気からクリアポロンがおすすめです。

 

 

衛生面が気になる敏感肌の人に「シルキースワン」

シルキースワンの写真

 

敏感肌の人におすすめできるのがシルキースワンです。

 

化粧品は使い続けていくと手の油が入ってしまったり、汚れが入りこんでしまったりします。
そのため、肌の弱い人だと混ざりこんだ雑菌などの刺激で、荒れてしまうこともあります。

 

シルキースワンは衛生面を気にする人の為に、1個で15日分のが2つ入りにしての販売がされています。
そのため、1つのクリームは1か月分のに比べ、衛生面を保てるように作られています。

 

ただ、価格が少し高めとなっているので、おすすめはしづらいです。

 

私が使い比べてみて迷った人におすすめのクリームの選び方

 

おすすめの首イボのクリームの選び方としては下記のどちらに当てはまるかです。

 

  • 4種類の化粧品でスキンケアを行ってる
  • 化粧水やクリームだけを使ってる

 

化粧水・美容液・乳液・クリームとこれらを全て使ってスキンケアを行っている人であれば、『クリアポロン』がおすすめです。
逆にそんなお金や手間もかけたくないって人であれば、オールインワンクリームの『艶つや習慣』がおすすめです。

 

どのクリームに関してもイボ取りの代表成分はヨクイニンとあんずエキスの2種類ですが、それぞれ特徴があります。
そのため、あなたがどちらに当てはまるのかでクリームを選ぶのがおすすめです。

 

ここで紹介しているのは私も実際に使用をしたことがあり、体験談は『首イボクリーム口コミまとめ』で紹介しているので悩んでしまうって人はご覧ください。

 

首イボの薬は薬局で市販されてる!ドラッグストアの市販薬の特徴

首イボの薬の写真

 

首イボの薬は薬局やドラッグストアで市販がされています。
市販薬の種類としては豊富ではあるのですが、店頭で売られているのはどれか1つだったりするので、選ぶのは難しいです。

 

ドラッグストアのマツキヨ(マツモトキヨシ)でも1種類しか市販していないように感じます。

 

薬局で販売している4種類の首イボの市販薬

  • イボコロリ
  • ヨクイニンタブレット
  • ヨクイニンエキス散コタロー
  • オルジェパール(ヨクイニン錠)

 

どの薬に関しても共通しているのが副作用の報告がされていることです。消化器などの副作用があり胃の不快感・下痢など様々なことが説明に書かれています。

 

また、価格が10日分の容量で1箱で販売されていたりするので、1か月は6,000円ぐらいかかるので少し高めです。

 

首イボの市販薬は副作用に注意!飲み薬の使い方に気お付ける

 

首イボの市販薬は第3類医薬品となっており、どれも副作用の報告がされています。
下記は小林製薬より販売されている「イボコロリ」の説明書に書かれている内容です。

 

服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があります。
医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

 

皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:胃部不快感
引用元:小林製薬のイボコロリ内服錠の公式

 

これは他の市販薬にも添付書に書かれています。

 

そのため、首イボを市販薬で取りたいって人はくれぐれも異変を感じたのであれば、使用をすぐに止めるようにしてください。
必ず用法・容量を守るようにしてだくさい。

 

首イボの取り方は3種類

首イボの取り方を解説する医者

 

首イボの取り方としては大きく分けると3種類あります。

 

  • 薬で取る方法
  • 自分で取る方法
  • 皮膚科で取る方法

 

どの取り方についてもメリットやデメリットもあり、特徴が異なってきます。
薬であれば副作用のリスクがありますし、皮膚科での治療だと痛みや跡が残る可能性があります。

 

首イボの原因は老化や紫外線によるターンオーバーの低下なので、根本を解決するクリームでのケアがおすすめではあります。
数がたくさん増えやすいことからも分かるように、取れたとしても繰り返しあらわれたりしてしまうからです。

 

そのため、根本的な原因である肌の改善をする、クリームが手間もかからず人気があります。

 

市販薬で取るの方法の特徴

 

薬局で販売している市販薬を使った取り方です。
塗り薬や飲み薬がありますが、基本的にはどれも飲むタイプの物となっています。

 

  • 飲み薬
  • 処方薬
  • 塗り薬・軟膏

 

塗り薬や軟膏などはウイルス性イボ用の物なので、使用の際はきちんと確認をしてください。
ウイルス性イボの薬は感染している皮膚ごと腐敗させて除去したりする物があります。

 

皮膚の厚い足の裏などと比べ、首や顔に付けるとことはできませんし、間違った薬となります。

 

市販薬や処方薬の主要成分はヨクイニンエキス!

 

どの市販薬にも共通をしているのが主要成分がヨクイニンエキスである点です。

 

ヨクイニンとはハトムギの種子より取ることのできる成分で、代謝を高めると共に保湿をすることのできる成分です。
そのため、肌のターンオーバーの働きを正常にし、角質を剥がす働きによってイボを取れるように導くことができます。

 

「ハトムギ茶を飲むとイボに効く!」

 

この言葉の由来はヨクイニンエキスが含まれているからなのですね。

 

しかし、実際の所ハトムギ茶だと濃度も薄いですし、取れるなんてことは期待をすることができません。

 

自宅で自分で取る方法の特徴!

 

首イボを自宅で自分で取るのであれば方法は3つあります。
ほとんどの人は種類も豊富で評判が良いので、クリームを使う人が多いです。

 

  • クリーム・オイル
  • ピーリング
  • ハサミ

 

現実問題としてハサミで切る人も中にはいます。
ただ、痛みがありますし、跡が残るだけではなく、肌へダメージを与えてしまうことになります。

 

切ることで取れたとしても逆に小さいイボが増えたり、大きなイボができてしまうリスクもあるので、間違っても行わないようにしてください。

 

また、ピーリングは肌へダメージを与えてしまうので、そのまま首イボの原因にもつながってきます。
そのため、逆に悪化をしてしまうリスクも高く、どうしても取れないって人に最終的な方法として利用をするのがおすすめです。

 

ヨクイニンクリームがおすすめ!イボ取りクリームで自分で取る

 

副作用が心配って人や価格が安いのが良いって人に人気があるのがヨクイニンクリームを使ったケアです。
首イボクリームやヨクイニンエキスクリームなどの名称で市販がされています。

 

あまり薬局やドラッグストアでは販売されていないので、通販で利用をする人がほとんどです。

 

イボ取りクリームとも呼ばれたりしますが、価格は2,000円から7,000円ぐらいまでと様々となっています。
安かろう悪かろうなんてことはなく、通販限定で経費を抑えているせいか、値段が安くても効果があったと評判のもあります。

 

個人的に私はヨクイニンクリームを使いましたが、選んだのは価格の安かったものです。

 

皮膚科や美容皮膚科でので治療の特徴

 

首イボは皮膚科や美容皮膚科で治療をしています。
時間に余裕があり、専門の医者と相談をしながら取りたいって人に人気があります。

 

  • ハサミ
  • 炭酸ガス
  • 液体窒素

 

病院での治療としてハサミで切る方法と液体窒素を使う方法があります。

 

どちらの方法に関してもイボは簡単に切り取ってくれるので、手術の時間はそんなにかからないです。
ただ、年寄りイボの数が多いと肌への負荷も考えて2日間などに分けて治療を行うこともあります。

 

そのため、初診日なども考えて合計で3回ぐらいは通院する必要があると考えておいた方がいいです。

 

治療中や治療後の痛みや跡について

 

皮膚科での治療としてはハサミで切る方法か液体窒素での治療が行われます。
炭酸ガスレーザーと呼ばれる美容皮膚科での高額な治療もありますが、多くの人は前述のどちらかを利用しているのではないかと思います。

 

このどれらの方法に関しても共通しているのが痛みや跡が残る可能性がある点です。

 

ハサミに関しては皮膚との接合部分を切り取るので痛みや跡についてはイメージが付くのではないかと思います。
液体窒素は綿棒などに薬品を付けてこすりつけて取る方法ですが、痛みを感じます。

 

また、治療後に関しては赤い跡がポツポツとできてしまい、時間がたっても黒くなって残ることもあります。
そのため、痛みや跡についてはあるものだと考えておく方が良いでしょう。

 

皮膚科で取る方法が気になる方は「首イボの治療費の5種類を全て解説!自宅で皮膚科で取る治療費」で解説しているのでご覧ください。

 

首イボの原因は3種類!肌の老化や紫外線が原因となる

首イボの原因を解説する女性の医者

 

首イボの根本的な原因は肌に付着したままとなった角質です。
本来は肌の働きによって、外に排出がされるのですが、下記の3種類の原因によって、うまく機能をしなくなります。

 

  • 紫外線ダメージ
  • 肌の老化
  • ターンオーバーの乱れ

 

紫外線を皮膚に浴びると肌は急速に老化をしていきます。
また、年齢を重ねることで30代を過ぎたあたりから「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの保湿成分が、減少をしていきます。

 

そのため、角質を排出しているターンオーバーの周期が乱れ、肌に付着したままとなったのが固まって、首イボができる原因となります。

 

首イボは老化が原因となりやすい!別名で老人性イボと呼ばれる

 

首イボは老化が原因となりやすいので、別名で老人性イボとも呼ばれています。
20代や30代でも発症をするのですが、40代や50代とどんどんできやすくなってきます。

 

紫外線ダメージの蓄積や肌内の保湿物質の減少によって、肌がどんどん老化をしていってしまいます。
そのため、ケアで大事となってくるのは紫外線対策とスキンケアの2つです。

 

特に首イボがすでに発症をしているのであれば、このどちらかが上手くできていない可能性があります。
もちろん、遺伝などでイボが発症をしやすい人もいます。

 

そのため、どちらにせよヨクイニンエキスや杏仁オイルが配合された、首イボ用の化粧品は使うようにしておいた方がいいです。
肌の老化の原因の80%と言われるほど、紫外線が肌に与えるダメージは大きいです。そのため、日焼け止めクリームや飲む日焼け止めを使って紫外線対策をきちんとするようにしましょう。

 

老人性イボがができやすい部位!顔・目の周り・脇など

 

角質が原因となる老人性イボができやすい部位があります。

 

  • 目の周り(まぶたや目元)

 

これらの部位は上半身に集中をしているのが分かります。
その理由としては首イボの原因でも解説をしたように、紫外線が肌に浴びやすい部位でもあるからです。

 

特に首・顔・目の周りは衣服による防護がなく、常に紫外線を浴びている部位となっています。
首イボの原因を解消したいのであれば、紫外線対策が重要となってくるのですね。

 

首の小さいイボは早めのケアがおすすめ!数が増えて増殖をしてしまう

 

年寄りイボとも呼ばれる首イボについては1個できたと思ったら10個50個とどんどん数が増えることも多いです。

 

ニキビと同じで顔や首にひとつできたからといって安心できるようなことではないのですね。
気づいた時には大量に発生をしてしまい外を歩けば人の視線が気になるようにもなってきます。

 

その為、早めのケアをして取り除くのがおすすめとなります。

 

からだに悪影響を及ぼすのではないので、医学的には問題のない肌トラブルと考えられるかも知れないです。
実際に病院で診察だけして何も治療をしないこともあります。

 

しかし、見た目は生きていくうちでとっても大事なことだと私は思います。
首イボをどうにかしたいのであれば早めのケアを心がけるようにするのがおすすめとなります。

 

page top