首イボを液体窒素を使って取る方法

首イボを皮膚科で液体窒素で取る

 

首イボを皮膚科での治療で液体窒素を使った取り方があります。

 

液体窒素で治療をする前に多くの人が気になるのが治療費・痛み・取れるまでの期間や施術の回数などの経過ではないかと思います。

 

「液体窒素での治療は痛いって聞いたけどどれぐらい?」
「健康保険が使えるから治療費は安い?」
「取れるまでの経過が知りたい」

 

など、休日を使うだけでなく待ち時間などもかかったりするので、まずは色々と気になることも多くでてくるものです。

 

この記事では首イボを液体窒素で治療をする時に気になることを全て解説をしています。痛みや経過などが気になっている方はご覧頂ければ解決することができます。

 

首イボに液体窒素の特徴!角質とウイルスと両方の治療

 

イボと言っても種類は多く、主に首や顔にできる角質が原因となる老人性イボから、足の裏や指先にできるウイルス性のものまであります。

 

皮膚科で行われている液体窒素での治療はこのどちらでも行うことができます。
ウイルス性の方が治療期間が長くなったりしやすいですが、どちらの症状に関しても皮膚科へ行けば取ることができます

 

それでは液体窒素で取る際の気になる点についての解説をしていきます。

 

首イボを液体窒素で治療した時の痛い?

 

液体窒素での取り方は痛みがあるのが特徴です。

 

人によっては何も痛みを感じず簡単だったってこともありますが、激痛なのでつらいって人まで様々です。これは首などの部位やイボの種類に限らず、様々な口コミが見受けられます。

 

下記は質問掲示板で液体窒素での治療がつらいので書き込まれた内容を引用したものです。

 

現在私は足の裏の親指の所にできたイボを液体窒素で取っているところです。とにかく痛いです。激痛。ジュ〜っと、傷口にあっついものを押し付けられているような感覚です。もう痛すぎて痛すぎて苦痛です(T . T)引用元:イボを液体窒素で取ったことがある方 - ふりーとーく - ウィメンズパーク

 

この人のケースは首イボではなく足の裏ではありましたが、治療時の激痛がつらい経験をしています。

 

首イボに液体窒素での治療は痛みはあるものだと考えておくのがおすすめです。
人によっては何も感じないこともありますが、それは治療をしてみなければ分かりません。

 

液体窒素で首イボが取れるまでの経過!回数や跡が残るかについて

 

首イボを液体窒素で取る場合は何個あるのかにもよって異なってきます。

 

痛みがあることからも分かるように肌への負担となってしまいます。そのため、一度に複数を取るのではなく、1日で10個や20個など分けて治療を行っていきます。

 

そのため、何個のイボがあるかにもよって治療回数は異なってきます。

 

また、治療後に関しては黒いシミのような跡ができてしまし、だんだんとかさぶたのように取れてくるようになります。人によってはそのまま跡が残ってしまうこともあります。

 

この原因としては肌へ与えられた刺激によって、メラニンが作られ色素沈着をする為です。顔にできるシミは紫外線の刺激が原因となったりしますが、液体窒素によって、できてしまうことがあります。

 

取れるまでの経過としてまとめると治療回数は何個の首イボがあるかによって変わり、シミのような跡が残る可能性があると考えておくようにしましょう。

 

液体窒素は健康保険が使えて治療費は安くなる?

 

首イボを皮膚科で液体窒素で取るのであれば、健康保険を使うことができます。
そのため、全額負担ではなく3割負担で済ませられるので、治療費は安く抑えることができます。

 

液体窒素での治療費は何個のイボがあるかにもよって変わってきます。

 

1個を取るのに300円から500円ほどと安いですが、100個などできてしまう人も多い症状です。
そのため、首イボの数が多ければ多いほど治療費も高くなってきます。

 

また、この金額とは別に診察費用がかかり、場合によっては処方薬としてヨクイニンが含まれて飲み薬が渡されることもあります。

 

美容皮膚科で行われるレーザーなどと比べると健康保険が使えて安いので、痛みや跡が残ることもありますが、人気のある取り方です。

 

首イボクリームを使って自宅ケアをしている人も多い

 

最近だとヨクイニンエキスが配合された首イボクリームや薬局の市販薬を使う人も多いです。

 

自宅でのケアができるのでお手軽な点であり、痛みの心配をする必要もありません。
そのため、まずは薬やクリームを試してみて、どうしても取れなかったら液体窒素での治療を検討をする人もいます。

 

首イボのクリームの特徴としては、原因となっている肌のケアができる点です。
取れたとしても再発をする人がいますが、それは原因の解消ができている訳ではないからです。

 

価格が安いのであれば3000円程度のもあり、安いくても評判が良いのが人気があるように感じます。
私自身も首イボのクリームは使った経験がありますが、自宅ケアやどんなのがあるかは下記の記事で解説をしているので、興味のある方はご覧ください。

 

首イボを市販薬やクリームで取る3つの方法

 

液体窒素で首イボの除去後は再発をしないようにケアをする

 

首にできるイボの原因は紫外線のダメージなどによる、肌の老化と考えられています。
液体窒素を使って除去をすることはできても、原因となっている肌のケアができている訳ではありません。

 

そのため、再発をして繰り返しできてしまうこともあります。
2回目は液体窒素が痛かったから、次はハサミで切る方法を検討する人もいたりします。

 

そんなことにならないようにする為にも、首イボが取れた跡は再発をしないようにケアをするようにしましょう。
取るのではなくきちんと原因を解消することが大切にもなってきます。

 

ヨクイニンエキスが含まれた首イボクリームが販売されているので、毎日ケアを続けるようにしましょう。
そして、晴れた日の外出時には紫外線対策をするなどして、できるだけ原因を与えないようにすることが大切です。

 

私が使った中で安くておすすめなのが「艶つや習慣」です。実際に使った口コミは写真付きで下記で紹介をしているので、興味のある人はご覧ください。
艶つや習慣の口コミを使った私が紹介!悪い口コミまで本音でレビュー

 

page top