首イボにオロナインh軟膏

オロナインは首や顔のイボにも効く塗り薬?

 

塗り薬として人気のあるのと言えばオロナインH軟膏です。
顔や首にできるイボに使おうか考える人も多いのではないかと思います。

 

オロナインは大塚製薬より販売されている薬で、価格が安く様々な状況に使うことができます。
そのため、常備薬として用意している人も多く、肌のトラブルにはオロナインをとりあえず使ってみる人もいます。

 

ただ、薬局で販売はしているものの、オロナインも第2類医薬品となっており、全ての人が安全に使える訳ではありません。
副作用がある薬でもあります。

 

そのため、安易にとりあえず塗ってみるのではなく、きちんと使用をしても良いのか確認して、使うべき薬でもあります。

 

大塚製薬のオロナインについて詳しく解説をしているので、首イボに使おうか考えている人はご覧ください。
添付書に記載されている内容など分かりやすくイボにも効くのか解説をしています。

 

オロナインの効果や効能は抗菌や抗炎症

オロナインの写真

 

大塚製薬より販売しているオロナインですが、様々な肌のトラブルに効く薬となっています。
大きく分類をすると抗菌と抗炎症の2種類です。

 

具体的にどんな肌のトラブルに効くかと言うと下記のような症状です。

 

  • ひび・あかぎれ・しもやけに
  • きりきず・すりきずに
  • にきびに
  • かるいやけどに
  • 水虫に

 

これらは大塚製薬の公式サイトや添付書にも明記がされている内容です。
薬の効能は販売元の情報を確認するのが確実です。

 

オロナイン公式サイト|大塚製薬

 

首イボは具体的な症状に明記なしだけどオロナインで取れる?

 

では首イボにオロナイン軟膏の抗菌や抗炎症の効果で取ることはできるのかの解説です。

 

オロナインが顔や首にできるイボに効くかは原因を考えれば分かります。
首イボは排出されず、肌に付着したままの角質が原因となってできます。

 

ウイルス性イボのように感染が原因をしている訳ではなく、菌が関係をしている訳ではありません。
そのため、オロナインの効能である抗菌作用では、イボが取れるようなことはありません。

 

また、首イボができたら肌が炎症をしている訳でもありまん。
オロナイン軟膏の効能で明記もされていないですし、首イボに効く塗り薬ではないのが分かります。

 

原因についてももっと詳しく知りたいって人は下記をご覧ください。
首イボの原因は3種類!肌の老化や紫外線が原因となる

 

首イボに効く塗り薬は何を使えば良い?

首イボに効く塗り薬の写真

 

首イボの薬と言えば飲み薬が多いです。
ただ、一度に飲む量が6錠と飲みづらかったり、直接イボのある場所に付ける塗り薬が良いって人もいるかと思います。

 

ただ、薬局などで市販されている薬でイボの塗り薬はほとんど販売がされていません。
というよりも私の知る限りでは塗り薬はありません。

 

病院の処方薬に関してもヨクイニンエキスが含まれた飲み薬であることが多いです。

 

塗るタイプが良いって人であれば、イボ取りクリームなどを使ってケアをするようにしましょう。
私自身が同じ理由と価格が安い点もあり、クリームを使った経験があります。

 

飲み薬だと副作用のリスクもありますし、直接首のイボのある場所に塗れるクリームを使う人も多いです。
ウイルス性イボと違って老人性イボは感染が原因ではないので、肌のケアが大事です。

 

そのため、薬ではなくクリームでケアをしていく人も多いのですね。

 

顔や首のイボ取りクリーム口コミ!使っておすすめのをランキング順に紹介

 

まとめ

 

大塚製薬のオロナインは様々な場面で使えますが、首イボに効く薬ではないのですね。
飲み薬ばかりで塗り薬は販売がされていない状況です。

 

そもそも原因がウイルス感染ではなく、肌の衰えが関係しているからではないかと思います。
実際、飲み薬に含まれているヨクイニンエキスはクリームにも配合がされています。

 

首イボの取り方は市販薬以外にも様々な方法があります。
オロナインではなく、きちんとイボに効く取り方を選ぶようにしましょう。

 

原因から取り方まで全て下記で解説をしています。
首の小さいイボを市販薬やクリームで取る3つの方法

 

 

page top