首イボをピーリングで取る

首イボをピーリングで取る方法について

 

首イボに効果的なケアとしてあるのが「ピーリング」です。

 

もともとイボができる原因は角質です。そして、ピーリングの効果は角質をその場で除去することです。
そのため、ケアの中でも効果の部分に目を向ければ、まさに適した方法とも言えます。

 

しかし、ピーリングよりも実際はクリームを使った方法の方が圧倒的に人気があるように感じます。
それは、副作用などのデメリットなどの可能性が高いからなのですね。

 

ピーリングの効果は首イボに有効ではあるものの、原因にもつながってくる部分があるからです。

 

ここでは首イボにピーリングの効果から副作用をはじめ、メリットやデメリットなど全て解説をしています。
ピーリング剤を使ったケアについて興味のある方はご覧ください。

 

 

首イボにピーリングの効果

ピーリング剤の写真

 

ピーリングの効果とはその場で首や顔などの皮膚に付着している角質を取ることになります。

 

首イボができる原因は紫外線や老化による原因によって、角質が肌に付着したままとなり、硬化をして出来上がるからです。
首全体や顔全体のように肌の働きが低下をしているので、小さいイボがたくさんできてしまいます。

 

そのため、原因となっている角質を除去することができるピーリングを使えば、首イボを取ることができます。
ケアの中でも効果としては直接的なので、効き目を実感がしやすい方法でもあります。

 

ただ、効果はあるもののデメリットとしてあるのが、肌への負担です。
肌へのダメージは肌機能を低下させて、角質を排出するターンオーバーの周期が乱れたりする原因となります。

 

ピーリングはメリットはあるものの、デメリットも非常に大きいケアとなるのですね。

 

ピーリングの副作用は首イボの原因を与えてしまうこと

 

ピーリングの副作用はそのまま首イボの原因になってしまうことです。

 

ピーリング剤を付けて肌にこすることによって、角質を除去していきます。ピーリング剤の粒子は大きく荒いので、強引とも言えますが肌に擦ることで取ることができます。
からだを洗う時のウォッシュタオルと似たようなことです。

 

デメリットとしてあるのが下記の2種類です。

 

  1. 肌へ刺激を与えてしまう
  2. 角質を過剰に除去してしまう

 

肌に粒子の荒い粒を擦るので肌へ刺激を与えてしまい、肌機能を低下させる原因となります。
また、角質をきれいに除去しすぎてしまうので、バリア機能が低下をしてしまい、紫外線や雑菌などの影響を強く受けやすくなります。

 

角質はありすぎても肌トラブルや首イボの原因となりますが、外からの刺激から皮膚を守るバリア機能の役割を行っており、完全に除去をしてはいけないのですね。
そのため、首イボがピーリングで取れたとしても、また再発をしてしまったり更にひどい症状になってしまう副作用のリスクがあります。

 

首イボに効くピーリング剤はヨクイニンエキスやあんずエキス配合

ヨクイニン(ハトムギ)の写真

 

首イボに使われるピーリング剤の種類としては、下記のどちらかの成分が含まれているものです。

 

  • あんずエキス(杏仁エキス)
  • ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)

 

この2つの成分はイボに効くと考えられているので、ピーリングだけではなく、クリームにもまず含まれている成分です。
特にヨクイニンエキスはイボ取り成分なんて呼ばれることもあり、市販薬や処方薬にも含まれています。

 

首イボをピーリングして取るのであれば、このどちらかが含まれているのを利用するのが一般的です。

 

首や顔の小さいイボに有効的な方法!

 

ピーリングは首イボや顔イボと呼ばれる老人性イボの中でも小さいイボに効果的です。

 

小さいイボとしてたくさんの数ができる、スキンタッグやアクロコルドンができた人です。
軟性線維腫と呼ばれるような1cmを超えて、遠目から見ても分かるような大きなイボにはあまり効き目がありません。

 

顔や首にたくさんイボがあって、リスクの面も承知で行いたいって人であれば、有効的な方法となります。
ただ、原因となっている部分の肌の改善ができている訳ではありません。

 

また、肌へのダメージを与えることにもなります。
だからこそ、首イボにピーリングを行った後には必ずクリームなどを使って、肌のケアと原因の解消を行うようにしましょう。

 

ピーリングよりクリームがおすすめな理由

 

首イボをピーリングで取りたいって人の多くは、下記のいづれかに当てはまるはずです。

 

  • 病院へ行くのが面倒で自宅でどうにかしたい
  • 治療の痛みや跡が残るのが嫌
  • 即効性のある方法を行いたい

 

それであれば、首イボ用のヨクイニンエキスやあんずエキスが含まれたクリームを使うのがおすすめです。
首イボクリームの目的はもともとの原因となっている肌の部分の改善をして、角質を排出するターンオーバーの働きを正常にすることです。

 

そのため、肌さえ改善がされれば首イボの原因を解消することができ、繰り返しあらわれるのを防ぐこともできます。
また、肌に合わないなどのリスクはあるものの、ピーリングのように副作用を心配する必要がありません。

 

首イボのケアをピーリングではなく、クリームだけ使う方法が人気なのにはきちんと理由があるのですね。
個人的にはクリームでケアをしてどうしても症状がひどかったりして、最終手段としてピーリングを行うのがおすすめです。

 

その点を考えれば特にイボ取りクリームの中でも「クリアポロン」はキャンペーンでピーリング剤が付いてきたりもするので、特におすすめすることができます。

 

クリアポロンや人気のは全て「首の小さいイボを市販薬やクリームで取る3つの方法-首イボ大辞典」で解説をしているのでご覧ください。

page top