首イボに新日本製薬のヨクイニンエキス錠SH

新日本製薬のヨクイニンエキス錠SHの詳細

 

新日本製薬より販売している市販薬が「ヨクイニン錠SH」です。

 

もともとは瓶に入ったヨクイニン錠の名前で販売されていました。それから、オルジェパールへとリニューアルを行い、袋詰めになった薬へと変わっています。

 

最終的にはヨクイニン錠SHの名前で袋にパウチされた第3類医薬品となります。

 

もともと、ヨクイニン錠の時から口コミでも評判の良かった市販薬ですが、CMをしたりしたのでこの名前で探す人も多かったです。様々な経緯があると思いますが、おそらくこの点からリニューアルを何度もしているのではないかと思います。

 

価格 使用方法 内容量
4,104円円 一日3回(製品により異なる) 180錠

 

ヨクイニン錠SHの効果!首や顔のイボに効く薬

新日本製薬の「ヨクイニンエキス錠SH」

 

ヨクイニン錠が効果があるのは首や胸元、顔にできやすい角質によってできる老人性イボとなります。

 

足にできたりするウイルス性のイボには効果がないので注意が必要です。老人性イボに効果があるとされる代表的成分であるヨクイニンには肌を整える効果があります。

 

ヨクイニンをからだに摂取することで体全体の皮膚のコンディションを整えて首イボが取る効果が期待することができます。

 

イボ対策商品として有名医薬品であるイボコロリ内服錠も同様に薬品のほとんどがヨクイニンで作られているので、同じような効果があると考えて貰えればと思います。

 

クリームやジェルを使った首イボ用の化粧品が患部を直接ケアするのとは異なり、体全体のケアを行うことになります。そのためか効果が実感するまでに時間がかかったと答える人の口コミも見つかります。

 

からだの内側からの改善となるので、治療期間は少しかかると考えた方がいいです。

 

ヨクイニン錠のリスク!他の薬と同様に下痢や消化器

 

リスクとしては発疹やかゆみ、下痢などが報告されている商品があります。

 

ほとんどの医薬品にはこれらのことが報告されています。基本的には医薬品を使う際に妊娠中であったり、アレルギーを持っている人は医者と相談の上で使用をするようにしましょう。

 

基本的には特別髪が抜けるなどのリスクではなく、一般的な薬品に多いリスクとなるので使用をしても問題はないかと思います。

 

ただ、異変が生じた際には病院で専門の医師に相談するようにしましょう。ヨクイニン錠はどのメーカーも基本的には第3医薬品となっており、薬剤師のいない薬局でも販売することはできます。ただ、心配であれば、薬剤師が常駐しているドラッグストアなどで相談しながら使用すればいいと思います。

 

個人的には直接患部につける首イボ用の化粧品がおすすめです。3000円程度で評判の良い化粧品も販売されており、効果を2週間程度で実感している人がいるような人気の安くてコスパの良いものも販売がされており、利用者が増えています。

 

まとめ

 

薬やクリームなど様々な商品はは口コミでの評判が悪いと、リニューアルして名前を変更をすることがあります。
しかし、新日本製薬のヨクイニン錠はもともと口コミでも評判が良かったので、そんなことはありません。

 

首イボの薬の主成分はヨクイニンとなっているので、このまま様々な製薬会社から似た名前で販売されていたりします。そのため、オルジェパールへと変更をしたけど、何の薬か分かりづらいってのや今までの知名度をゼロにしてしまうことにもなります。

 

これらの理由によって、最終的には今のヨクイニン錠SHに戻したのではないかと、個人的には思っています。

 

どの薬に関しても成分がヨクイニンエキスとなっていて、それぞれ凝縮量が異なってきたり、その他の添加物に違いがあります。
そのため、リスクの部分では共通がしているのですね。

 

リスクが心配って人であれば、イボ取りクリームを使ったケアがおすすめとなります。
首の小さいイボを市販薬やクリームで取る3つの方法

 

page top